頭を使うとお肌の「シワ」が深くなる理由

こんにちは!

女性のお肌をうるおす
うるおい漢方の専門家
御子柴 詩織です。

 

◆頭を使うとお肌の「シワ」が深くなる理由◆

 

皆さんは
新しいことを学んで
めいいっぱい頭を使ったとき

 

仕事や子育てなど、
真剣に考えることが多かったとき

 

 

ふと、鏡に映った顔をみて
「わ!なんだか乾燥してる?」
「顔が疲れてる!?」

 

ということはありませんか?

 

 

 

私はあります(^_^;)

 

 

今、コロナウイルスの影響があり
オンラインで講座を開講していますが

 

 

移動時間が減ったので
自分の学びの時間も増やしているのですね。

 

 

この頭を使う&目を使う行為は
栄養(うるおい)を消耗します。

 

 

頭と目の栄養(うるおい)とは
具体的にいうと
気血水の血(けつ)です^^

 

 

血(けつ)はお肌の栄養でもありますから
頭や目を使ったとき
血を補わないと

 

 

お肌が乾燥します(;o;)
シワが深くなることも(;o;)

 

 

 

 

 

決して、
頭を使っちゃダメ
ということではないですよ^^

 

 

人の知能は年齢とともに
深まっていくと言われています。
脳は加齢では衰えないのですね。
(そのことはまた書きます)

 

 

ですから、
頭はどんどん使ったほうがいい。
お母さんだから、もう年だから〜と
新しい学びをストップしちゃダメよ〜♡
(お子さんはあなたの背中を見て育ちますしね)

 

 

つまり、
新しい学びで脳を刺激することは
知能をあげたり若さを保つために大切。

ただし、血(けつ)を補いながらお願いします!
ということです。\(^o^)/

 

 

血になる食材は
赤いもの、黒いものが多いですね。

 

レシピ等はまたお届けしますね!

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

御子柴詩織

 

Follow me!