アトピー、アレルギーの人がとるべきオイル

こんにちは!
うるおい漢方の専門家
御子柴詩織です。

 

アトピー、アレルギーの人がとるべきオイル

アトピー、アレルギーのある人は
細胞が炎症を起こしている状態です。
ですので、
炎症を起こす油と、細胞膜の状態をよくする油を知って
選んでいくとアトピーやアレルギーの改善に繋がってきます。

炎症を起こす油

・トランス脂肪酸

自然界に存在しない人工的な油
食べるプラスチックと言われ
代謝されにくいため必要以上にビタミンミネラルを消費してしまいます。
細胞膜をかたくし
認知症、虚血性心疾患の原因にあるとも言われます。
どんなものに含まれるかというと
コヒーフレッシュ、ショートニング、マーガリンです。
トランス脂肪酸に関しては
アメリカでは2018年6月18日から原則禁止となっていますが、
日本では子供用のお菓子にも入っていますので
購入する際には裏の表示をみて確認することが必要です。

・オメガ6

紅花油、サラダ油、ごま油、コーン油、マヨネーズに含まれます。
体では作れない油、適度にとても大丈夫だが
摂りすぎは炎症のもと。

・オメガ9

オリーブオイル、菜種油、コメ油

オレイン酸を含み適度には必要です。

ただ体内でつくれる油ですので沢山とる必要はありません。

積極的にとるべき油

・オメガ3

熱に弱い、アルファリノレン酸が多い、
青魚、亜麻仁油、シソ油、エゴマ油
青魚は天然のものを選ぶこと、
そして焼くと酸化するので生で食べるのがよいとされます。
カラダの中からお肌を潤す方法は
こちらのメルマガでお届けしています▼

Follow me!