こんにちは!

女性のお肌をうるおす
うるおい漢方の専門家
御子柴 詩織です。

 

 

先日は、
うるおい美人講座内で
外部講師によるリフトアップセミナーを
開催しました^^

ほうれい線が薄くなりました」

目尻が上がってスッキリしました!」

下がっていた右半分の顔が上がっていました!
嬉しい学びをありがとうございます!」

(こちらこそ!ご参加ありがとうございます♡)

 

皆の変化が嬉しい♡
美しいお顔は自力でつくれるのですよ^^

 

 

さて、今日の本題です

もくじ


◆花粉症が辛い方は○○○○が不足しています。◆

 

少しずつ春が近づいて
だいぶ冷えが楽になってきた、
と思ったら今度は花粉症・・・

 

 

なんだか、
一年中何かしら
困っているのでは?

 

 

カラダの内側のバランスが
崩れていると
一年中何かしら
悩まされてしまうのですよね・・・

 

 

 

でもね、
ポジティブに考えると

カラダのバランスが整うと

 

 

いくつかのお悩みが
気づいたら
同時に解決してしまうってこと。

 

 

私は、
たるみ肌、乾燥肌が気になって
カラダの中を整えたら

お肌の乾燥だけでなく
冷えや便秘、頭痛、落ち込みやすい感情も
一緒に手放せました^^

 

 

 

話を花粉症に戻します。

花粉症は出てくる症状によって
気血水のバランスが違います。

ですので、
お一人お一人
その時々によって
オススメする食事が変わります。

 

 

ですが、
全員に言えること、それは

 

 

花粉症=うるおい不足
なのよ!!!

 

 

ということ。
(おっと、取り乱しました)

 

 

花粉症=うるおい不足
と書きましたが

 

 

これを説明しますと、
漢方ではアレルギーをもっている
ということは

 

 

漢方でいう「肺(はい)」が
弱っている、と考えます。

 

 

(現代医学でいう「肺」とは
考え方が違います。)

 

 

肺は潤っていることが
正常に働く条件なので

 

 

アレルギー(花粉症)になっている
ということは
肺が乾いているってことなのです。

 

 

 

漢方でいう「肺」は
お肌に潤いをあたえる
という、とっても大切な
働きをしているのです。

 

 

と、いうことは…

 

 

肺が弱ってしまうと
アレルギーになるし
お肌の潤いも無くなってしまうのよー!!!

 

 

 

チーン(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

 

 

あなたの花粉症の原因は
本当の意味での【うるおい】が
足りないのです。

 

カラダの内側から潤うためには、
ただお水を飲めばいい

 

 

というわけではないのです。

 

 

では、どうすればいいかというと…

 

長くなったので次回に続きます^^

 

 

 

 

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

御子柴詩織