甘いもの好きとはほうれい線の関係

こんにちは!

女性のお肌をうるおす
うるおい漢方の専門家
御子柴 詩織です。

 

 

◆甘いもの好きとほうれい線の関係◆

 

『チョコの食べ過ぎはお肌に良くない、、、
でもチョコが食べたいの!』

 

『チョコは心の栄養だよね』

 

そんなことを言いながら、
毎日2箱チョコレート菓子を食べていたひと。

 

 

その女性は
・顔色は少し黄色くくすんでいて
・ほうれい線が深くて
・身体はいつも冷えていて
・高級サプリメントは効かないし
・唇はいつもカサカサ
・髪はパサパサ

 

だったわ・・・

 

あまりのパサパサ、ガサガサっぷりに
後輩に「ヤマンバ」と言われたことも!!
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

(いくら何でもヤマンバって・・・
思い出したら泣けてきたわーー)

 

あら?
バレちゃったわね、、、

、、、

 

、、、

 

そう、
チョコ好きのヤマンバとは
ワタシのことよ!

 

チョコが止められないのも
お肌のくすみタルミ、
唇の荒れが治らないのも

 

実は原因が、
ぜーんぶ「一緒」だったの。

 

 

さーて、チョコレート好きのヤマンバ(笑)は
どうやって潤ったのでしょう?

 

 

それはね、
【カラダの内側のバランスを整えた】だけよ〜

 

 

カラダの内側のバランスとは、
気血水や五臓「肝、心、脾、肺、腎」の
バランスのこと。

 

チョコレートのような
甘いものが無性に食べたかったり
食べても食べても止まらないときは

 

「気不足」だったり「脾」が弱っているときの
カラダからのサインであることが多いわ。

 

 

ワタシの場合、
「脾」が弱っていたので
異常な量のチョコレートを食べ、

 

 

・顔色は少し黄色くくすんでいて
・ほうれい線が深くて
・身体はいつも冷えていて
・高級サプリメントは効かないし
・唇はいつもカサカサ
・髪はパサパサ

 

に、なっていました。

 

「脾」って胃の働きに近いから
「脾」が弱ると
食べたり飲んだりしたものを
栄養(気血水)に変えられなくなるのよね。

 

だから全身乾燥していたし、
くすんでいました。

 

また「脾」っていう臓器は
【カラダのパーツの位置を保つ】という
働きを担っているので、

 

「脾」が弱ると
目尻、ほう、口元、フェースライン
バスト、ヒップなどの

 

位置も下がることがあるわーーー

 

お肌でいうと、「たるみ」よね。
たるみによる、

 

・ほうれい線
・ブルドックライン
・マリオネットライン

 

なんかが
できやすくなってくるの(><)

 

お肌をキレイにしたいときに
お肌だけ化粧品でケアしても
キレイになるのは難しいわ。

 

もちろん、
お肌に合った化粧品を使うことや
正しいスキンケアをすることは
美肌になるためにとても大切よ。

 

だけど、
「お肌は内臓の鏡」
カラダの内側の状態がお肌や
髪、爪、唇、目などの表面に
現れてきます。

 

まずはカラダの内側のバランスを知って
整えること。

 

 

そうした上で、
お肌に合ったスキンケアをすれば
もう、キレイにならないワケがないわーーー!

 

 

自分で自分の「美」を創れるようになる
そして、周りの人の「美」や「健康」を守れる

【うるおい漢方ベーシック講座】や
【うるおいコンシェルジュ養成講座】の
受講生がこの春、どんどん増えています♡

 

ご興味のある方は
まずはお茶会にいらしてくださいね。

 

 

【洗って美人!元美容部員のうるおい漢方マイスターが
教える洗顔レッスン&お茶会】

(うるおう洗顔方法だけでなく
カラダの中からうるおう漢方を
盛りだくさんでお伝えしますね♫)

3月25日(月) 上野
3月28日(木) 秋葉原
4月2日(火)  秋葉原
4月7日(日)  銀座

いずれも

10:30〜13:00

詳細はコチラ▼▼▼
https://ws.formzu.net/fgen/S94690542/

 

最後までお読みくださった皆様へ
愛と感謝を込めて

 

とにかくうるおいよ〜うるおい♡
御子柴詩織

 

Follow me!