うるおい個別相談:お客様のお声『お肌をキレイにするために生活を改善したい方にお勧めです』

こんにちは。
女性のお肌をうるおす、うるおい漢方の専門家・御子柴詩織です。

 

先日行いました「うるおい個別相談」の嬉しいご感想が届いたのでご紹介するわね♡
こちらの女性、妊婦さんなの。
妊娠中って、自分のカラダじゃないみたいに変化を感じる方が多くいらっしゃいます。
元気なマタニティーライフを送っていただけるように漢方の視点からアドバイスさせていただきましたよ(*^◯^*)

 

さて、この女性のお悩みは解決したのでしょうか?

 

1、個別相談に申し込んだキッカケは何ですか?

漢方の考えに興味がありました。

また、先日の「洗顔レッスン&お茶会」に参加して興味深い内容でしたので、個別でお会いして今の自分に合ったアドバイスが欲しいと思ったからです。

 

2、個別相談を申し込む前のお悩み

妊娠中の目とカラダの疲れ

 

3、個別相談を受けてみて解決したお悩みはありますか?

色々と話を聞いていただき、症状の大元が「脾(ひ)」が弱っているからではないかと分かり、どんな食事を摂れば良いのか教えていただきました。

私の生活に合った無理のないアドバイスで助かりました。

 

4、御子柴詩織ってこんな人でした!

とてもキレイな方です!

また、お話しやすく悩んでいることや解決したいことに親身になってくださいました!!

 

個別相談はどんな方にオススメだと思いますか?

お肌をキレイにするためや悩みを解決するために生活を改善したいけど、どこから始めたらよいか分からない方にオススメです。

 

30代、主婦
rie様

 

rieさん
素敵なご感想をいただきありがとうございます(^o^)

rieさんは目の疲れやカラダの疲れを改善したいとおっしゃっていました。
妊娠中でいらっしゃるのでカラダの調子はいつもと違ってくるのですが、漢方の視点で考えると妊娠中は赤ちゃんに栄養を送るために沢山の「血(けつ)」を消耗するわ。

目は「血」によって養われているの。
「スマホやパソコンを見る機会が多い」ということでしたので、「血」が消耗しているところに更に目を使っているので目の栄養が足りず、疲れてしまったのね〜

 

それにね、チョコレートやケーキなどの甘いものがお好きで朝起きたら直ぐに甘いものを食べてるっていうじゃない(><)

甘いものが止められないのは「脾(ひ)」が弱っていることが多いのよ〜
なぜかって、「脾」は「甘味」の食材で元気になるからよ。

 

だけどね、甘ければなんでもよい!
というわけではないの。

天然の甘味のあるもので、黄色いものを食べるとよいのよ。
例えば、芋類、くり、かぼちゃ、玄米、ハチミツなどね。

 

実は、「脾」が弱るとね、カラダの栄養(うるおい)成分の気血水が上手く作れなくなるの!

元気の素である「気」が上手くつくれないから疲れやすくなるし、全身の栄養である「血」がつくれなくなるから目が疲れたりお肌が乾燥してくるのですね。

 

rieさんにはお悩みを解決するために、先ずは「脾」を補う食事や生活をご提案しました。

「これなら私もできそう♪」と喜ばれていましたよ(^o^)
きっと元気なマタニティーライフを過ごされると思います。

 

妊婦さんに限らす、似たようなお悩みがある方は是非お試しくださいね!

 

最後までお読みくださった皆様へ
愛と感謝を込めて

 

とにかくうるおいよ〜うるおい♡

御子柴詩織

 

 

 

 

 

 

Follow me!